自分で手相を書く本、それってアリなの?・商品・お小遣い・金融・カード・ローン・結婚・出会い・コミュニティ・ギャンブル・美容・健康・ダイエット・レンタルサーバー・アフィリエイト・リンクスタッフいろいろ紹介するよ!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分で手相を書く本、それってアリなの?


1月16日におもいッきりイイ!!テレビにて「金運は手相を書くだけでパワーアップできる!?」と言うのをやっていたようですね~
さらにさかのぼると、10月17日にも「手相を書くだけで人生がかわる!」と言うのをやっていたようで、
手相を書くで調べて見たら、こんな記事見つけました。

(引用:エキサイトニュース)
子どもの頃、自分の手相の生命線がやたら短いことに気づいて、絶望的な気分になったことがある。
そこで、私が行ったのは、鉛筆でゴリゴリ「書き足す」という行為。しつこく書いていたら、なぜか生命線が次第に伸びてきて、関係あるのかないのか知らないが、今も私、生きてます。

ところで、自分のなかでは、ヒミツにしてきたそんなちょっとおかしな行為が、実は珍しくないこと、それどころか、それを勧める本まであることを知った。
「手相を書く」だけで運命が変わる!』(マキノ出版ムック)。きっかけについて、編集担当者に聞いた。
「ある歯科医の先生が、別件の取材中に『手相を書くと、お金が入ってくるんですよ』と教えてくださったのがきっかけです。驚いて聞いてみると、お金だけでなく、恋愛や健康など、人生全般にわたる効果が続出しているとのこと。すでに1000名以上は体験者がいると聞いて、早速、月刊誌『ゆほびか』で特集させていただきました。その『ゆほびか』も完売を記録。大反響を受けて、1冊のムックにまとめさせていただきました」
その歯科医の先生が、この本の監修者・川邉研次さんだとか。



それにしても、もともと持って生まれた「手相」を、人工的に変えてしまって問題はないのかが、気になるところだけど……。
「同じ趣旨のことを、世界で6万人を鑑定した手相家、西谷泰人先生に聞いてみたことがあるんですが、手相が教えてくれる運命のサインに気づくこと、さらに、ペンで手に手相を書くという行為を通じて手相を『よい方向』に変えていくことは、人生を好転させる一つのきっかけになるようです」

もともと手相は日々刻々と変化しているもの。小さなシワはもちろん、大きな太い線も、消えたり、逆に現れたりすることもあるそうで、これは、日々変化していく私たちの心、健康、経済の状態や、人間関係などの情報が、現れているのだという。
「手相をペンで書き込むと、ほんとうに手相って勢いよく変わっていきます。世の中一般では変わらないと思われている手相だって、ちょっとしたことで大きく変わるわけです。それなら、運命だって変えられるんじゃないか。あきらめている夢も実現できるんじゃないかと」

例えば、「金運線」を書き込む→心の中に「お金がほしいな」という明確な目標が生まれる→「金運をよくしよう」と思って、手相を書き続ける→目標が定着するというプロセスのよう。心のありかたが変わることで目標に近づくのだそうで、仕事、健康、恋愛、結婚、すべてにおいて同様だという。

気になる「書き方」には、特に決まりはなく、「日中は銀のペン、夜は金のペンで書くとよいようです。水性ペンで書くのがコツで、すぐに消えてしまいます。すぐに消えるので何度も書く、というのがいいみたいですね」とのこと。

ムック内には、書き方のポイントなどのほか、体験談も載っているが、「臨時収入300万円!」「給料・ボーナス激増!」なんて聞くと、「ほんとかい?」という気持ちになってくるが……。
「あまり意気込みすぎないほうが、いい結果がでやすいようですよ」
というので、あまり欲張らず、とりあえずやってみるか。
(田幸和歌子)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。