草なぎ剛主演『BALLAD~』時代劇の“禁じ手”台詞とは?・商品・お小遣い・金融・カード・ローン・結婚・出会い・コミュニティ・ギャンブル・美容・健康・ダイエット・レンタルサーバー・アフィリエイト・リンクスタッフいろいろ紹介するよ!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草なぎ剛主演『BALLAD~』時代劇の“禁じ手”台詞とは?


草なぎ剛×新垣結衣共演の『BALLAD 名もなき恋のうた』(9月5日公開)は、ただの時代劇ラブストーリーじゃない。本作には、時代劇で「それを言っちゃおしまいよ」と言う“禁じ手”の台詞が出てきて、それが胸にぐさっと突き刺さる感じがニクイいのだ。

本作は“大人が泣ける”と評判のアニメ映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』(02)の実写版で、時代劇とはいえ、現代人のしんちゃんがタイムスリップするという設定が肝。くだんの“禁じ手”台詞は、その時代性のギャップが生んだものだ。

ご存知、戦国時代の戦いのルールとしては、敵将の首をとるのが勝利の証。ところがどっこい、実写版しんちゃんの真一は草なぎ扮する武将・又兵衛に“ちょっと待った!”をかけ、「この人 殺 したって、何も始まらないよ!」と訴える。それってありなの!?

又兵衛は面食らうけど、現代の価値観を持つ観客は「よくぞ言った!」と心のなかで拍手し一気に感情移入する。 通常、時代劇での合戦シーンなんて所詮“絵空事”。でも、現代人・真一の目線から見れば、それは紛れもなく“人 殺 し”にほかならない。そのリアルな視点こそが本作の見どころのひとつだ。

さすがは『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの山崎貴監督、視覚効果で“時代を操る名手”ならではの技あり1本がきいている。下手な反戦映画よりも、心をがしっと鷲づかみされること請け合いなので、この時代間ギャップを楽しんでみては。【Movie Walker/山崎伸子】
(引用:ライブドアニュース)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。