安室奈美恵の秘めた想い、実現へ。安室奈美恵とアムロ・レイが共演・商品・お小遣い・金融・カード・ローン・結婚・出会い・コミュニティ・ギャンブル・美容・健康・ダイエット・レンタルサーバー・アフィリエイト・リンクスタッフいろいろ紹介するよ!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安室奈美恵の秘めた想い、実現へ。安室奈美恵とアムロ・レイが共演


安室奈美恵が、あのアムロ・レイと奇跡のコラボレーションをすることが明らかになった。

『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイと、安室奈美恵。偶然にも名前に同じ“アムロ”という音を持つ両者だが、12月16日発売の安室奈美恵のニューアルバム『PAST<FUTURE』収録曲「Defend Love」のミュージックビデオで、このふたりが共演を果たしている。

安室奈美恵がコラボレーションするのは、宇宙世紀0079年の宇宙が舞台となる、ガンダムシリーズの発端、通称“ファーストガンダム”。かつてプラモデルや声優などでのタレントやアーティストとのコラボレーションはあったものの、実際の名前でガンダムの映像世界にキャラクターとして描かれるのは今回の安室奈美恵が初だ。

名前の影響もあり、幼少の頃から親しみを持って育った安室奈美恵にとっては、数年前から秘めてきた想いとのことで、2009年がガンダム生誕30周年ということもあり、リスペクトを表してオファーしたという。

安室×アムロの“世紀の大コラボレーション”ということで、今回のミュージックビデオの制作には、30年間にわたってガンダムシリーズを制作している「サンライズ」はもちろん、前作の「Dr.」のミュージックビデオ(こちらも全編アニメーションだった)を制作した「神風動画」、『ルパン三世 カリオストロの城』などの代表作で知られる「テレコム・アニメーションフィルム」などからクリエイターが集結し、約2ヶ月という期間で制作された。

「Defend Love」ミュージックビデオは、2009年3月18日に発売した安室35枚目のシングル「WILD / Dr.」に収録された「Dr.」のビデオの続編として制作された。前作「Dr.」では、荒廃した時代から過去にさかのぼり、地球の自然を取り戻す為にその時代時代に立ち向かっていき、最終的には一人の女の子にそのメッセージを伝える、という“環境破壊”へのメッセージ性の高いミュージックビデオだった。今作は“戦争のために利用されてはいけない”“武器を悪用してはいけない”といったメッセージが、ガンダムとのコラボによって感じとれる内容となっており、二人の共通の使命として“守るべき愛(世界)”をテーマに楽曲「Defend Love」も制作されたという。

また、ミュージックビデオのストーリーでは、古谷徹が声優を務めるアムロ・レイが、安室奈美恵に「安室さんですね?」と問いかけるシーンや、安室とアムロが戦うシーンなども存在し、安室ファンのみならずアムロファンにも、そしてガンダムファンからも熱い注目を集めることだろう。

「全てをカラにして新しいスタートを切りたい」と決意する安室奈美恵の最新作『PAST<FUTURE』は、タイトルからもわかるように“過去よりも大きな未来”を意識した作品。オリジナルアルバムにも関わらず、新しくミュージックビデオを4曲制作し、計6曲のビデオを収録する。
(引用:ライブドアニュース)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。